<略称:保守協会>

一般社団法人 東京防災設備保守協会 〒162-0805
東京都新宿区矢来町81番地の3
 

    

 

 

>
>
>
熱式住宅用火災警報製品紹介
熱式住宅用火災警報器製品紹介

熱式住宅用火災警報器とは

熱式住宅用火災警報器とは熱を感知して作動する警報器です。熱を感知しやすい場所(台所)に設置してください。

住宅用火災警報器は火災の防止装置ではありません。

 

住宅用火災警報器は、消防法で定められた自動火災報知設備には該当しません。

消防法で設置が義務付けられている施設へ住宅用火災警報器を設置しても自動火災報知設備の代用にはなりません。 保守協会が紹介する住宅用火災警報器は、NSマークが貼付されている製品に限られます。

NSマークNSマークは、日本消防検定協会が住宅用火災警報器の構造・材質等の試験を行い、技術上の規格に適合した製品に貼付されています。

当協会で紹介する製品は全て、電池寿命が約10年の製品です。

 

 

国内主要メーカー 住宅用火災警報器(熱式)

 

能美防災 fslj006-b ss-fg-10hcp ホーチキ crg-1a  ニッタン HST904EX 沖
まもるくん10
鑑住第19-59号
ハイガード
鑑住第20-3号
ねつタンちゃん10
鑑住第18-77号
ねつ式
鑑住第19-43号
SH28153 松下 しんちゃん10(鑑住第19-72号)    
ねつ当番
鑑住第19-14号
しんちゃん10
鑑住第19-72号