<略称:保守協会>

一般社団法人 東京防災設備保守協会 〒162-0805
東京都新宿区矢来町81番地の3
 

    

 

 

>
>
防災センター要員講習・自衛消防業務講習とは

  防災センター要員講習・自衛消防業務講習とは

 

東京都では防災センター要員講習と自衛消防業務講習は同一のカリキュラムで実施され、講習修了者は、防災センター要員講習修了証と自衛消防業務講習修了証の二つの修了証が取得できます。

 

防災センター要員講習とは

一定規模以上の建物に勤務する防災センターにおいて消防用設備等の監視や操作等に従事する場合は、火災予防条例第55条の2の3に基づき防災センター技術講習(2日間の講習)を受け、かつ、自衛消防技術認定証(東京都火災予防条例に規定されている試験)を有していることが必要です。
また、講習受講後5年ごとに防災センター実務講習(1日の講習)を受講することが義務付けられています。
 

 

自衛消防業務講習とは

自衛消防業務講習は、消防法第8条の2の5の規定により、自衛消防組織の設置を要する防火対象物で、自衛消防組織を設置した場合の統括管理者及び本部隊の班長に必要な資格です。
また、自衛消防業務講習受講後5年ごとに自衛消防業務再講習(1日の講習)を受講することが義務付けられています。
 

 

 

 

この講習会は、座学と実技による講習を行っています。火災の発生を想定した火災シミュレーションでは、消火器や消火栓といった消火設備の取り扱い、非常用エレベーターの運転操作、防災センターに設置される総合操作盤等の操作を体験します。また地震シミュレーションでは、地震発生直後の混乱状況下を想定した情報整理の手法、対応要領について、モックディザスター訓練(模擬災害訓練)を学びます。